2016ひろしま総文 美術・工芸部門企画「青い絵」

カテゴリー: ひろしま総文2016  

第40回全国高等学校総合文化祭<2016ひろしま総文>にむけて美術連盟では『高校生が描くヒロシマの「青い絵」』の取組を始めています。各校の美術部が巨大な「青い絵」を共同制作し、それを並べて展示するというものです。

春休みの制作に向けて熊野高校では1年生の部員一人一人がテーマに沿って構想を練り、B3パネルに2週間かけて思い思いの「青い絵」を描きました。批評会ではそれぞれが制作意図を文章にまとめて発表しました。テーマにふさわしいか?主張は分かりやすく的を得ているか?展示した時の見応えと統一感はあるか?そして熊野高校らしさは表現できているか?などなど、2時間を越える白熱した議論の末、共同制作で取り組む作品を1点選びました。春休みには完成度の高い作品になる様、部員全員で頑張ります!

2016ひろしま総文 生徒育成セミナーvol.3 その2

カテゴリー: ひろしま総文2016  

広島県立美術館での対話型鑑賞法を終え,次の会場となる基町高校へ移動しました。

基町高校では高校3年生の生徒さんに学校で学んでいる,デザイン,油彩,日本画,工芸,彫刻など各種専門的な分野についての説明をしていただきました。

交流会生徒たちは,設備や作品に圧倒されながらも,積極的に質問し,2016ひろしま総文を盛り上げるために頑張りました。

その後,基町高校の鈴木先生による近現代の日本美術史の講義を受けました。

基町高校の皆さん本当にありがとうございました!

今回のセミナーは普段できないような体験が,たくさん出来た刺激的な回だったのではないでしょうか。この体験を自分の人生に,2016ひろしま総文に生かして欲しいものです。

 

2016ひろしま総文 生徒育成セミナーvol.3 その1

カテゴリー: ひろしま総文2016  

平成27年2月22日(日)に,2016ひろしま総文美術・工芸部門の「生徒育成セミナーvol.3」が行われました。

はじめは,広島県立美術館の地下ギャラリーにて行われていた,熊野高校の美術コースの卒業作品展の作品を利用させてもらい,対話型鑑賞法の練習を行いました。先生達に指導をしていただきながら,制作者との対話の中で技法やテーマ,工夫点など今後,自分たちが制作する上での糧となる有意義な鑑賞会になりました。

熊野高校の皆さん本当にありがとうございました!

その2へ

2016ひろしま総文 生徒育成セミナーvol.1,2

カテゴリー: ひろしま総文2016  

平成26年11月17日(月)と11月22日(日)に,2016ひろしま総文美術・工芸部門の生徒実行委員・交流会生徒委員の指導が,それぞれ「生徒育成セミナーvol.1,vol.2」と称して行われました。

月曜日の段階では少し頼りなかった生徒たちも,日曜日には見違えるように成長しており,美術部員のすばらしい素養と,練習の成果がうかがえる充実した時間となりました。

今後も,それぞれが知識と交流の力を磨き,2年後に備えて準備をしていきます。